URADOどぼくことば>ねこ

■どぼくことば■



▽鶴嘴(つるはし)

先端を尖らせて左右に長く張り出した頭部をハンドル部分に直角に連結した道具。唐鍬の一種である。主に固い地面やアスファルトを砕くために使われる。