本文へスキップ

土木技術者の業務軽減とCO2削減を考える。

 URADO

北海道日高

URADOURADO Standard>Local RULE>導入前夜、心の切替え>印影があるというだけ...
URADOASP>導入前夜、心の切替え>印影があるというだけ...

0-2_導入前夜、気持ちの切りかえ 印影があるというだけで、まったく区別がつきません。

従前の9号様式・・・印影には、時を示すログが無い!

▼fig-01 印影には、時を示すログが無い!


《解説》書類は過不足なく有ればよいというものでは有りません。適切な時期に遅延なく提出されているかです。書類に書き込まれた日付を印影は保証している訳ではないのです。


遡りし放題! 「検定」前日の良くある光景

▼fig-02 ひたすら、9号様式に何本もの印鑑を並べ、大量のインデックス、表紙はテープラベルのオンパレード




▼fig-03 平成21年度 56kg キャビテナー3箱!


《解説》
 今までの検定前日の光景です。 みなさんはどうでしょうか?
9号協議簿だけで発注者・請負者あわせると約450枚位あり印鑑おすだけで1時間くらいかかってましたし 表紙のテプラは曲がらないよう気の入れようです。書類は多いほうが自己満足でやった感があったくらいです。
 基本そこが間違ってました。