本文へスキップ

土木技術者の業務軽減とCO2削減を考える。

 URADO

北海道日高

URADOURADO Standard>Local RULE>導入前夜、心の切替え>9号様式類のワークフロー=電子決裁完全実施!
URADOASP>導入前夜、心の切替え>9号様式類のワークフロー=電子決裁完全実施!

▼STEP-0_導入前夜、心の切替え

0-4_ワークフロー=電子決裁を実施しなければ、ASPを活用したと決して言ってならない!

9号様式類のワークフロー=電子決裁完全実施!=印鑑決裁不可!

▼fig-01


ASPでも一応、9号様式的なものが表示できますが、
印鑑を押す欄が無い!

  この画面を開くことはありません。また、検定の時もほぼ開くことは無くなりました。
 何故なら、確認に必要ないからです。
▼fig-02


《解説》URADOではワークフローを完全実施し、印鑑決裁は全く行いません。 また、決裁の進行状況が一目瞭然ですから、遅い場合は個別指導が入ったり、引き上げ決裁になることもあります。 朝はASPにログインして自分に関係する連絡や情報がないか確認、返信、追記などする必要があります。