本文へスキップ

土木技術者の業務軽減とCO2削減を考える。

 URADO

北海道日高

URADOASP>1-2_第1回工事円滑化会議の開催

▼STEP- 1_ASPの導入

1-1_第1回工事円滑化会議の開催HEADLINE

 工事を受注後直ちに行うこの会議は、ASPを含むCALS/ECの打合せ、施工計画の作成方法、エコ化マニュアルの説明、検査書類の作成方法、IME土木用語の説明等の業務改善につながる複数の設定説明を行う。また、工事一般の注意事項、特記仕様書を含む設計図書類の説明、環境保全の注意事項を確認する。

▼fig-01 会議の開催


▼fig-02 CALS/ECの事前協議


▼fig-03 検査方法の決定


▼fig-04 施工計画書への添付と確実な履行

会議終了後は、施行計画書の第16の章として「CALS/EC」を加え確実に履行します。