本文へスキップ

土木技術者の業務軽減とCO2削減を考える。

 URADO

北海道日高

URADOURADO Standard>Local RULE>ASPの活用の効果>維持担当技術員の育成・教育に寄与し、担い手確保 !
URADOASP>ASPの活用の効果>維持担当技術員の育成・教育に寄与し、担い手確保 !

▼STEP-5_ASP活用効果と課題

5-1_ASPの活用の効果その1 維持担当技術員の育成・教育に寄与し、担い手確保! 工事中


なぜ年維持は大変か...


たいへん その1 365日・24時間拘束の工事である・・・

ASPなら 災害時・緊急時の報告にブログ機能を活用。携帯から写真添付。維持担当作業員、社内の他職員も報告で負担を軽減!かつスピーディ!


たいへん その2 煩雑な書類作成に追われる日々・・・

ASPなら 作成をASP活用により標準化及び並列化。 作成書類が明確化するので若手技術員もWebで閲覧することで流れがつかめ育成・教育に役立つ。


たいへん その3 作業が広範囲のため日中は移動が多く書類整理は作業後に・・・

ASPなら 外勤中にあいた時間を利用し携帯からデータ送信。


たいへん その4 地域特性の綿密な把握が必要(自然条件・人為的条件【苦情】)

ASPなら 異常気象での出動や、苦情等で出動した際にASPに記録(ブログ等)を残す事で情報の共有化を図れる。(メンバー全員が閲覧出来るので苦労がわかって貰えモチベーションがあがる!)


たいへん その5 受注金額の大幅減少により、低給与の若手を代理人にせざるをえない経営状況・・・

ASPなら 報告での移動を減らし、ASP機能で書類の簡素化。

※担当技術者の負担を軽減し、育成・教育に寄与!