本文へスキップ

土木技術者の業務軽減とCO2削減を考える。

 URADO

北海道日高

URADOASP

ASP管理者権限を与えられたユーザ向け手順書HEADLINE

管理者権限とは

 ベースページの各サイトには、管理者権限を与えられたユーザがいます。
 しかし、その権限を与えられたユーザが、その権限により何が出来るのか、
何をすべきなのか、理解している人はなかなかいません。
 また、その権限の行使により、サイト全体の作業効率やセキュリティを
大きく左右しますから非常に重用です。

各操作手順

001
管理者専用ページにログインする。 20130108追加
002
ユーザグループを設定する。 作成中
003
所属ユーザのハンドル名を変更する。 作成中
999
その他、順次追加予定
情報共有システム操作説明テキスト 情報共有システム ヘルプデスク 川田テクノシステム株式会社 supports@basepage.com TEL:03-5961-7715 国土交通省北海道開発局 川田テクノシステム株式会社 - 2 -
〜目次〜
1. 情報共有システムの概要....................................................................................................4
(1) はじめに................................................................................................................................... 4
(2) 概要 ......................................................................................................................................... 4
2. 情報共有システム運用フロー....................................................................................................5
3. 情報共有システム利用詳細フロー.............................................................................................6
4. ログイン画面............................................................................................................................7
(1) 情報共有システムへのログイン.................................................................................................. 7
(2) ログインアドレス名をお気に入りへ登録....................................................................................... 7
5. ID・パスワードの入力................................................................................................................8
(1) ログイン.................................................................................................................................... 8
(2) 初期画面「新着情報」へ............................................................................................................ 8
6. 初期画面「新着情報」...............................................................................................................9
(1) 操作画面へ移動する................................................................................................................. 9
(2) アップロード通知のファイルを見る.............................................................................................. 9
(3) 2 重ログインの回避方法......................................................................................................... 10
(4) パスワードの変更.................................................................................................................... 11
(5) マニュアル、FAQ...................................................................................................................... 12
7. スケジュール機能....................................................................................................................13
(1) スケジュールを入力.................................................................................................................. 13
8. 掲示板機能...........................................................................................................................16
9. ファイルキャビネット(いわゆる電子書庫) ..................................................................................18
(1) フォルダの中を表示(例:フォルダ名/打合せ簿の場合) ............................................................. 19
(2) ファイルのダウンロードと表示................................................................................................... 20
(3) CAD図面を見る(IE 限定機能です。) ...................................................................................... 22
(4) ファイルをアップロードする........................................................................................................ 23
(5) アップロードと同時にメンバーへ通知する.................................................................................. 24
(6) アップロード通知からのダウンロード.......................................................................................... 26
(7) アップロードしたファイルを削除................................................................................................ 27
(8) 履歴アップロード(バージョン管理) ........................................................................................... 28
(9) 通知機能(参考)..................................................................................................................... 30 - 3 -
10. 工事書類(打合せ簿・施工計画書など)の作成・提出・承認........................................................32
(1) 帳票選択:書類(帳票)を選択................................................................................................. 34
(2) 書類をダウンロードする............................................................................................................ 35
(3) 登録帳票にリンク付けされた添付書類を見る........................................................................... 36
(4) フィルタ:登録されている書類をキーワードで検索する................................................................ 37
(5) 詳細:書類の詳細を確認する................................................................................................... 38
(6) 起案 ....................................................................................................................................... 40
(7) 起案された工事打合せ簿の確認............................................................................................. 43
(8) 上程・差し戻し確認................................................................................................................. 46
(9) ワークフロー進捗..................................................................................................................... 46
11. 標準様式のダウンロード機能...................................................................................................47
12. 運用サポート連絡先...............................................................................................................47

情報共有システム操作演習 - 4 -
1. 情報共有システムの概要
(1) はじめに 「情報共有システム操作説明テキスト」は、国土交通省北海道開発局発注の土木工事にお いて、情報共有実証実験を実施するにあたり、システム利用開始時に使用するための手 引き書です。詳細のシステムマニュアルは別途、用意しており情報共有システムの「マニュ アルダウンロードページ」よりファイルをダウンロードしてご使用下さい。 (P10 を参照して下さい。) マニュアルの項目として、「ログイン等基本操作」「通知」「スケジュール」「掲示板」「ファイル キャビネット」「ワークフロー」の6 種類をご用意しております。
(2) 概要 情報共有システムとは、工事の施工途中に、発注者(工事監督員など)と受注者(現場代 理人、主任技術者など)の間で交わされる打合せ簿や施工計画書、完成図面、写真等を、 インターネット上でやり取りするシステムのことを言います。 受注者 打合せ簿 協議・提出・報告・届出 情報共有システムの3大機能 スケジュール機能 工事書類の作成・提出・検索・閲覧等 ファイル管理機能(電子書庫) インターネット 情報共有システム インターネット 発注者 打合せ簿 指示・協議・通知・承諾 情報共有システム操作演習 - 5 -
2. 情報共有システム運用フロー 発注時 対象工事着工(事前協議) 登録申し込み 研修受講 システム利用開始 システム利用終了 工事期間延長依頼 の提出 データ削除 システム利用前準備 システム利用 利用終了作業 特記仕様書作成作業などを行う。 受発注者間で協議を実施する。 電子施工管理システムの研修を受講する。 対象工事の情報を登録する。 (ID・パスワードが配布される) システムの利用を開始する。 工事書類の作成・提出・検索・閲覧や スケジュールの登録・閲覧などを行う。 システムの利用を終了する。 工事期間が延長する場合は工事期間延長 依頼を提出する。 システム利用 システム内からデータが削除される。 情報共有システム操作演習 - 6 -
3. 情報共有システム利用詳細フロー ログイン P7 新着情報(初期画面)P9 スケジュール の確認 (本日の予定) 提出された 工事書類の 通知確認 (通知) アップロードさ れたファイル の通知確認 (アップロード通知) パスワード の変更 P11 マニュアル の ダウンロード P12 操作画面へ ログアウト 通知 (P30) スケジュール 機能(P13) ファイルキャビネット (P18) 工事書類 (P32) 標準様式集 (P47) スケジュール の入力(P14) スケジュール の確認(P15) ファイルの 表示(P20) ファイルのダウ ンロード(P21) ファイルのアッ プロード(P23) 起案された工事 書類の確認 (P34・P43) 工事書類の承認・ 承諾・決裁など (P44) 工事書類の 差し戻し(P46) 工事書類を作成し 起案(P40) 掲示板(P16) 情報共有システム操作演習 - 7 -
4. ログイン画面
(1) 情報共有システムへのログイン 先ずInternet Explorer(IE)を起動して、URL(インターネット上の住所)@ に次のアドレス名 を入力すると下図のログイン画面が表示されます。 https://bp1.basepage.com/ 【注】「http」ではなく「https」であることに注意して下さい。 (2) ログインアドレス名をお気に入りへ登録 1. この画面をパソコンに記憶させておくと、何度もURL を入力しなくてすみます。 A「お気に入り」をクリックし、一番上の「お気に入りの追加」を選んでこのログイン 画面を登録することをお勧めします。 2. 「KTS basepage Service login」という名称でお気に入りに登録されます。 @ A - 8 -

5. ID・パスワードの入力
(1) ログイン 以下の画面が表示されますので、各個人のログインID 及びパスワードを@に入力する。 (例) ログインID :SJ0C パスワード :SJ0C000! 【注】:初期パスワードは、ID の後に「0!」をつけたものです。 8桁に満たないパスワードは「000!」の様に足りない分だけ「0」を挿入して下さい。 各自ログイン後、パスワードの変更を行ってください。設定変更についてはP6 を参照。 【注】:工事登録終了後、IDとパスワードを送付させて頂きます。(登録方法は別添資料)
(2) 初期画面「新着情報」へ ログインID、パスワードを入力した後、A「ログイン」のアイコンを押すと初期画面 「新着情報」へ移動します。 @ A - 9 -

6. 初期画面「新着情報」 【説明】情報共有システムにログイン後、「ようこそ、〇×様」という下記の「新着情報」画面に行 きます。ここでは、各個人への依頼事項(未決済文書、通知、アップロード通知)、本日 のスケジュールが表示されます。複数のチーム(工事)に参加している人はこの画面で は複数のチーム(工事)の情報が表示されます。
(1) 操作画面へ移動する @「メイン画面へ」をクリックすると、次の画面(スケジュール表)が表示されます。
(2) アップロード通知のファイルを見る この画面のアップロード通知でA「GO」ボタンをクリックするとお目当てのファイルへ飛んで いきます。一度A「GO」をクリックして下さい。 @ A - 10 -
(3) 2 重ログインの回避方法 1. 「再ログイン」すると以下のようなメッセージが表示されます。

2. F「強制ログイン」を実行するボタンをクリックして下さい。 3. 通常通り「ログイン」が完了いたします。 【注】:毎回、ログイン時にこの画面が表示される場合は、部外者がなりすましてログインして いるケースもありますので、速やかにパスワードの変更を行って下さい。 F - 11 -
(4) パスワードの変更 【注】パスワードを変更した後に、忘れられた場合は、以下のメールアドレスまでその旨を ご連絡下さい。サポートデスクにて初期パスワードに戻す作業を行います。 E-MAIL:supports@basepage.com 1. B「メンバーごとの設定画面」をクリックします。 2. C「パスワード設定」をクリックします。

3. Dパスワードの変更画面が表示されます。 B C - 12 -

4. Eパスワードに使う記号に注意してください。 (5) マニュアル、FAQ 1. マニュアル、FAQ(良くある質問)はGをクリックして下さい。 【注】:マニュアル番号@ABCDFをご使用下さい。 2. を右ボタンクリックし、「対象をファイルに保存」を実行して下さい。 D E G - 13 -

7. スケジュール機能 【説明】
ここでは、現場のメンバー間で共有すべきスケジュール(会議予定、検査予定・・・)を 掲載します。
(1) スケジュールを入力 1. 入力したい日の数字をクリックして下さい。例えば @「今日の日付」をクリックしま す。(今日の日付にスケジュールを入力して下さい。) @ @入力 C閲覧・確認 A新着情報へ 通知 B新着情報より通知 発注者 受注者 新着情報画面 情報共有システム - 14 -
2. A「スケジュールの追加」をクリックして下さい。
3. B名前・内容を記入・訂正し、文字色の該当するボタンをクリックして下さい。 【入力内容】以下の内容を入力して下さい。 名前 :自分の名前(自動入力) 内容 :社内会議 文字色 :緑(スイッチ) 【注】:使用者毎に使う色を決めておくと分りやすくなります。 【注】:表示項目について、公開にすると全メンバーにスケジュールの内容を公開することになり、 非公開にすると本人だけがスケジュールを確認することが可能です。 B A - 15 -
4. C「スケジュールの追加実行」をクリックして下さい。 D「月間スケジュール表に戻る」をクリックして下さい。
5. 以下の様にスケジュール表に入力内容が追加されます。
6. 以下の様に「新着情報」に反映します。 D C - 16 - 8. 掲示板機能 1.掲示板を見る ? 掲示板の画面に移るには@「掲示板」をクリックします。 ? 見たい掲示板Aをクリックするとその本文Bが表示されます。 ? 誰がこの掲示板を見たかはC「□」をクリックすると下の画面が表れ、Dにこの掲示 板を見た人のリストが表示されます。 @ A B C - 17 -
2.掲示板に書く ? 掲示板に対してコメントを書くときはABに書きます ? Aはタイトルを記入、@がコピーされています。タイトルは引用せず、自分が書く ことを要約した表題に書き換えることをお薦めいたします。 ? B本文に自分のコメントを記入します。前の人の文章引用しない場合は削除し、 自分のコメントを記入します。 ? 自分のコメントにリンクを張るときはC「リンクを張る」をクリックします。 ? 最後にD「投稿する」をクリックします。 @ A B C D - 18 -
9. ファイルキャビネット(いわゆる電子書庫) 【説明】いわゆる電子書庫。すべてのファイルはここにアップロードされます。スケジュールにリ ンクを張る場合や、ワークフロー(打合せ簿等)に書類を添付する場合もこのファイルキャ ビネットにアップロードします。 【注】:ファイルキャビネットの使用ハードディスク容量は1工事2GB を目安として下さい。 2GB を超える前に警告が表示される様になっております。以下の様なエラーメッセー ジが表示されます。(ファイルは問題なくアップロードされます。) 承認印・メッセージなど 鑑 添付書類 類 承認印・決裁印・メッセージなど 承認印・決裁印・メッセージなど 自分の PC アップ ロード ファイルキャビネット 通知 現場代理人 総括監督員 添付書類 類 ファイルキャビネットに アップロードされていな いファイルは、リンクで きない! ファイルは 動かない! ここにファイル がありますよ! <受注者が発議した場合の決裁ルート> 通知 - 19 -
(1) フォルダの中を表示(例:フォルダ名/打合せ簿の場合)
1. @「全フォルダを表示」をクリックすると下記のようにすべてのフォルダが 表示されます。 2. A「打合せ簿(発)-鑑」のフォルダをクリックして下さい。 @ A @アップロード Cダウンロード B新着情報より通知 発注者 受注者 新着情報画面 Aアップロード通知 情報共有システム 現場技術員・主任監督 員 - 20 - 3. フォルダ内のファイル一覧Bが表示されます。
(2) ファイルのダウンロードと表示 1. 「工事打合簿(発)」をダウンロードあるいは表示する場合、行の左端の 「詳細」@「●」をクリックします。あるいは複数のファイルを一度にダウンロードする 場合はファイル名の A□にチェックマークを入れてB「DL」をクリックします。
2. C「表示する」をクリックして下さい。 B @ A C B - 21 -
3. この様に該当ファイルが表示されます。 D「戻る」ボタンで前画面に戻って下さい。 【注】:ウインドウ右上の「×ボタン」で画面を閉じないで下さい。 【注】:ファイル一覧表示画面でセルの背景色が灰色のファイルに関しては打合せ簿の オリジナルファイルですので、「削除」「変更」を行わないで下さい。
4. 次は、E「ダウンロード」をクリックして下さい。
5. F「保存」をクリックしてファイル「デスクトップ」に保存して下さい。 E D F - 22 -
(3) CAD図面を見る(IE 限定機能です。) 【注】:この機能はMicroSoft 社の「ActiveX コントロール」をインストールしなければ使用でき ません。 ? 見たい図面ファイルの@詳細ボタンをクリックして下さい。 ? CADファイルの場合はA「CAD ファイル表示へ」のボタンをクリックして下さい。 ? しばらくすると図面が表示されます。初めて図面を見るときは、ビューアーのソフト(2M B)をダウンロードしますので少し時間がかかります。しばらく待ってください。2回目以 降は、お目当ての図面がすぐにダウンロードされ表示されます。 @ A - 23 -
(4) ファイルをアップロードする 【説明】ファイルキャビネット上にパソコンにあるファイルを格納することが可能です。 (電子書庫機能) 1. アップロードするフォルダを指定します。ここでは例として @「写真」をクリックして 下さい。 2. ファイルを1つアップロードするときは、A「単一ファイルアップロード画面へ」を クリックします。 ? ファイルを2つ以上アップロードするときは、B「複数ファイルアップロード画面へ」をク リックします。ただし、アップロード通知が必要な場合は「単一ファイルアップロード画 面へ」から実行してください。 3. B参照をクリックし、アップロードするファイルを選択して下さい。 4. アップロードしたいファイルを選択してC「開く」をクリックして下さい。 @ A B C - 24 - 5. Cタイトル・メモ等必要に応じて入力します。 【入力内容】以下の内容を入力して下さい。 タイトル :施工状況写真 メモ :基礎砕石転圧状況 (5) アップロードと同時にメンバーへ通知する 【説明】アップロードと同時に通知をする場合は、「アップロードを実行する」をクリックの前 に次の通知の設定をします。 Dは電子施工管理システム内のアップロード通知、Eは登録されている電子メールへの通 知です。 1. アップロード通知の通知先メンバーを選択して下さい。 通知先に選択したメンバーの「新着情報」の「アップロード通知」に通知内容が表示 されます。 ? 現場代理人の方は、監督員・主任監督員または総括監督員の方へ通知して下さい。 ? 監督員・主任監督員の方は、現場代理人または総括監督員の方へ通知して下さい。 ? 総括監督員の方は、監督員・主任監督員または現場代理人の方へ通知して下さい。 【注】:決裁ルートにおける次の方に通知して下さい。 【注】:実際の作業時は、アップロード通知と同時に電子メールによる通知も行って下さい。 C D E - 25 - 2. F「アップロードを実行する」をクリックします 3. 以下のようにファイルキャビネットのフォルダ内のファイル一覧に追加されます。 【作業】:施工計画書フォルダも確認して下さい。
4. 以下のように「新着情報」の「アップロード通知」にも情報が表示されます。 F - 26 -
(6) アップロード通知からのダウンロード 【説明】アップロード時に通知を行った場合、「新着情報」に「アップロード通知」として反映され ます。アップロード通知された情報から、ファイルをダウンロードすることができます。 1. アップロード通知の@「GO!」をクリックして下さい。
2. 以下の様に表示されます。
3. Aダウンロードボタンをクリックして、保存先を選択して下さい。
4. B保存ボタンをクリックして自分のパソコンにファイルを保存して下さい。 @ A B - 27 -
(7) アップロードしたファイルを削除 【説明】自分でアップロードしたファイル以外は削除できません。自分以外の方がアップロードし たファイルを削除したい場合はアップロードした方に連絡するか、管理者に連絡して下さい。 1. 削除したいファイルの@「□」にチェックし、「削除」をクリックして下さい。 【注】:複数ファイルがある場合は、該当ファイル全てのチェック付けて下さい。 一斉にファイルを削除することが可能です。
2. A「これらのデータを削除する」をクリックし、指示にしたがって削除を実行します。 @ A - 28 -
(8) 履歴アップロード(バージョン管理) 【説明】組織表、図面、各種図書は途中修正を加えて、バージョンアップされていきます。通常 はその最新版を見ることが出来、あるいはリンクしているときには最新版をリンクさせ、見 たい時だけ、古いバージョンの書類を見たいときに履歴アップロードを使います。 1. アップロードファイルの@「」をクリックします。 2. A「参照」をクリックし、アップロードするファイルを探します。 例では、「2006_0502 月間工程表」を選択しています。 3. 必要に応じてBにタイトル、メモ、コメント等を記入します。 【入力内容】以下の内容を入力して下さい。 コメント :改定1 色 :淡い赤色(スイッチ) @ A B - 29 - 4. C「履歴アップロード」をクリックします。 5. Dに「」が表示されます。1は履歴ファイルが1つあることを表示しています。 【注】:履歴機能でアップロードを行った場合、通知機能は使用できません。 C D - 30 -

(9) 通知機能(参考) 【説明】アップロード通知を受け取り、ファイルを確認した後に、そのファイルがアップロードされ た事を他の方に通知したい場合、通知機能を使用します。(通知のみ実行する機能) 1. @「通知」をクリックして下さい。 2. 必要に応じて、A「通知先」、B「通知内容」、を入力して下さい。 【入力内容】以下の項目を入力して下さい。 通知先 :総括監督員(スイッチ) 通知内容 :「工事写真がアップロードされています。確認、お願いします。」 @ - 31 - 【注】:通知する場合は、同時に電子メールでの通知も行って下さい。 3. C「通知」をクリックして下さい。 4. 通知先の方の「新着情報」に通知内容が表示されます。 - 32 -

10. 工事書類(打合せ簿・施工計画書など)の作成・提出・承認
【説明】ワークフローは起案者が定型書式の書類の作成し承認者が承認及び否認行うときに利 用するアイテムです。 同じ定型書式の書類にかかれている必要なデータを複数枚、一覧表に表示できる機能です。 情報共有 @発議 システム Aメール・通知 B承認・連絡 Cメール・通知 D承認・連絡 Eメール・通知 F承認・連絡 発注者 A 受注者 発注者B 発注者C 受注者から発議された 書類の流れ(通常時) 情報共有 システム 受注者 発注者 @発議 発注者から発議された 書類の流れ Aメール・通知 B承諾 Cメール・通知 - 33 - 情報共有 @発議 システム Aメール・通知 B承認・連絡 Cメール・通知 未承認 E承認・連絡 発注者 A 受注者 発注者B 発注者C 受注者から発議された 書類の流れ(緊急時) Dメール・通知 情報共有 システム @発議 Aメール・通知 B未承認 差し戻し 発注者 A 受注者 発注者B 受注者から発議された 書類を差し戻しする場合 Cメール・通知 - 34 -
(1) 帳票選択:書類(帳票)を選択 ワークフローを選択します。 書類(帳票)の種類を選択します。 プルダウン(@)で利用したい帳票の種類を選択すると、該当する帳票一覧表が表示されます。 今回は、「打合せ簿・段階確認願・立会願」の3 種類を用意しています。履行報告書・工程表の 2 点は、エクセル等のデータで作成した帳票を、添付データとしてワークフロー機能に載せる 事が出来ます。 A未決裁を選択した場合、未決裁の書類のみ表示します。決裁を選択した場合、決裁済(最終 承認されている、または差戻されている)の書類のみ表示します。 B 決裁済の場合は背景が「緑」色で表示され、フェーズ状態が「承認」or「否認」or「後閲」と表 示されます。 決裁中の場合は背景が「赤」色で表示され、フェーズ状態が「処理中」or「保留」と表示されま す。 未決裁の場合は背景が「灰」色で表示され、フェーズ状態が「未決裁」と表示されます。(※承 認者が一人も判定していない場合は、フェーズ状態は「未決裁処理」となりますので職務エリア は「灰」色となります。) @ A B - 35 -
(2) 書類をダウンロードする @ チェックボックスをクリックしてA「ダウンロード」ボタンをクリックすると「ファイルのダウンロー ド」の画面が表示されます。 B複数のファイルにチェックを入れた場合、「保存」をクリックすると保存場所指定の操作の後、 チェックボックスで選択したファイルが1つのファイルに圧縮されてダウンロードされます。 @ A B - 36 -
(3) 登録帳票にリンク付けされた添付書類を見る @「添付」の列に個数が表示されている場合リンクされて添付書類があります。クリックすると、 一覧が表示されます。 Aブラウザ上で見る場合は、ファイルをクリックします。 Bダウンロードする場合は、該当ファイルにチェックを入れ、C 「ダウンロード」ボタンをクリック します。 Dフォルダをクリックすると、ファイルキャビネットの該当フォルダを表示します。 @ @ B A D C - 37 -
(4) フィルタ:登録されている書類をキーワードで検索する 一覧表の縦の列に対して、検索することができます。 フィルタの使い方 @プルダウンをクリックし、フィルタをかけたい列を選択します。 Aテキストボックスに検索したい文字列を入力します。 B「実行」ボタンをクリックすると入力した文字列を含む行(書類)が検索できます。 @ A B - 38 - (5) 詳細:書類の詳細を確認する @タイトルをクリックすると詳細が表示されます。 A処理状況をクリックすると、処理日時,メッセージ等が表示されます。 @ A - 39 - Bファイルをクリックすると、ブラウザ上でファイルが表示されます。 C添付ファイルをクリックすると、添付ファイルの一覧が表示されます。(【登録帳票にリンク付けさ れた添付書類を見る】を参照して下さい) D「履歴」をクリックすると、更新履歴の一覧が表示されます。 E編集画面に移ります。ログインメンバーが申請者であって、第2 フェーズが未処理の場合、この ボタンが表示されます。 Fワークフローを削除します。ログインメンバーが管理者である。またはログインメンバーが申請者 であって、第2 フェーズが未処理である場合、表示されます。 B C D E F - 40 -
(6) 起案 @新たに起案する場合は、「起案」ボタンをクリックします。入力画面が表示されます。 Aワークフローのパターンを選択して( 詳細は【ワークフロー進捗】を参照下さい)、B「選択」ボ タンをクリックします。 C【ワークフロー進捗】を参照下さい。 B @ A - 41 - Dパターン選択画面で選択されたワークフローパターンが表示されます。赤字はログインユーザ(自 分自身)です。次フェーズの承認者を選択します。( 詳細は【ワークフロー進捗】を参照下さい。) E申請時のメッセージを入力します。このメッセージは、ワークフロー進捗図から参照される他、通 知メールの内容にもなります。 Fチェック状態で申請すると、以下のメンバーにワークフロー申請の通知メールが送信されます。 第2 フェーズの承認者 第3 フェーズ以降の承認者候補 G入力した文字列が書類のタイトルになります。 H添付ファイルを追加する場合は、「追加」ボタンをクリックして登録します。 I職位に合わせた項目が選択可能です。ここに入力した値が、打合せ簿の鑑にも書き込まれます。 J入力した内容でワークフローとPDF ファイルが作成されます。 D E C F G H I J - 42 - 「通知機能」 @チェックすると、A〜Dで設定したメンバーに通知を送ります。 A現工区のメンバー全員に通知を送ります。 Bメンバーリストボックスで選択したメンバーに通知を送ります。 C通知先をメンバー単位で選択します。Ctrl キーやShift キーを押しながらクリックすることにより 複数選択可能です。 D[メンバー全員]を選択した状態でチェックすると、自分に通知を行ないません。 「電子メールによる通知」 Eチェックすると、F〜Iで設定したメンバーにメールを送信します。 F現工区のメンバー全員にメールを送信します。 Gメンバーリストボックスで選択したメンバーにメールを送信します。 H通知先をメンバー単位で選択します。Ctrl キーやShift キーを押しながらクリックすることにより 複数選択可能です。 I[メンバー全員]を選択した状態でチェックすると、自分に通知を行ないません。 B A C F D H E I G @ - 43 - 受注者が起案し、発注者が承認・決裁を実施する場合(発注者作業) (7) 起案された工事打合せ簿の確認 【説明】受注者より起案された工事打合せ簿の通知情報を「新着情報」で確認します。 1. ログイン画面(「新着情報」画面)の「通知」より、発議された工事打合せ簿があるこ とを確認して下さい。 決裁済の場合は背景が「緑」色で表示され、フェーズ状態が「起案済」or「承認」or 「否認」or「後閲」と表示されます。 決裁中の場合は背景が「赤」色で表示され、フェーズ状態が「処理中」or「保留」と 表示されます。 未決裁の場合は背景が「灰」色で表示され、フェーズ状態が「未決裁」と表示され ます。 ※承認者が一人も判定していない場合は、フェーズ状態は「未決裁」となりますの で職務エリアは「灰」色となります。 2. 「リンク」の列の@「GO!」をクリックして下さい。 @ - 44 -
3. 受注者より発議された工事打合せ簿の一覧が表示されます。 @ パターン選択画面で選択されたワークフローパターンが表示されます。次フェーズの承 認者を選択します。(詳細はワークフロー進捗を参照下さい。) A 承認時のメッセージを入力します。このメッセージは、ワークフロー進捗図から参照され る他、通知メールの内容となります。 B チェック状態で承認すると、次フェーズの承認者 次の次フェーズ(存在していれば)以 降の承認者候補にワークフロー起案の通知メールが送信されます。 C 承認時に入力されたタイトルが表示されます。クリックすると、PDF ファイルが表示され ます。 D 添付ファイルの個数が表示されます。クリックすると、ファイル添付画面に移ります。 (【登録帳票にリンク付けされた添付書類を見る】を参照して下さい) E 承認時の入力値が表示されます。編集可能な列が存在しない場合、“編集できる列は ありません”と表示されます。 F承認します。 G否認します。 H承認処理を中止して詳細画面に戻ります。 F D H E A G @ B C - 45 - 「通知機能」 @チェックすると、A〜Dで設定したメンバーに通知を送ります。 A現工区のメンバー全員に通知を送ります。 Bメンバーリストボックスで選択したメンバーに通知を送ります。 C通知先をメンバー単位で選択します。Ctrl キーやShift キーを押しながらクリックすることにより 複数選択可能です。 D[メンバー全員]を選択した状態でチェックすると、自分に通知を行ないません。 「電子メールによる通知機能」 Eチェックすると、F〜Iで設定したメンバーにメールを送信します。 F現工区のメンバー全員にメールを送信します。 Gメンバーリストボックスで選択したメンバーにメールを送信します。 H通知先をメンバー単位で選択します。Ctrl キーやShift キーを押しながらクリックすることにより 複数選択可能です。 I[メンバー全員]を選択した状態でチェックすると、自分に通知を行ないません。 @ A B C D E F G I H @ A - 46 - (8) 上程・差し戻し確認 フェーズの承認者全員の承認処理(承認or 否認)が完了した場合、この画面が表示されます。 このフェーズで、最後に承認処理を行なった承認者は、このフェーズを上程、差戻しするかど うか決定します。 @次のフェーズに進めます。 1 人以上承認していることが条件となります。 A差戻しとなります。 1 人以上否認していることが条件となります。 B保留します。現在のフェーズで止まった状態になります。このフェーズの承認者は再度、承 認処理を行なうことができます。 (9) ワークフロー進捗 決裁済の場合は背景が「緑」色で表示され、フェーズ状態が「申請済」or「承認」or「否認」or「後 閲」と表示されます。 処理中の場合は背景が「赤」色で表示され、フェーズ状態が「処理中」or「保留」と表示されま す。 未処理の場合は背景が「灰」色で表示され、フェーズ状態が「未処理」と表示されます。(※承 認者が一人も判定していない場合は、フェーズ状態は「未処理」となりますので職務エリアは 「灰」色となります。) @ A B - 47 -
『情報共有システム操作演習』
発行日 平成21 年5 月 第1版 発行者 川田テクノシステム株式会社 CopyrightO 2009,KAWADA TECHNOSYSTEM CO.,LTD. All rights reserved

025-001.htmlへのリンク

027-010.htmlへのリンク

newpage2.htmlへのリンク