本文へスキップ

土木技術者の業務軽減とCO2削減を考える。

 URADO

北海道日高

URADOASP

起案の基本

 日常の効率、検査の円滑化のため下記を守ること。

1 起案時に添付するファイル形式

(1)無理にPDF化する必要はない。、オリジナルファイル(jpg、xlsxなど)をそのまま添付する。
(2)圧縮ファイルを添付してならない。閲覧者の手間が多くなり失礼である。また、検査時も時間ロスとなる。

2 起案タイトルの命名

(1)以下の一覧表の命名ルールによること!
    ASP起案一覧表 (検査時のポイント!)
(2)確り命名ルールに従い、検査の質問事項を想定したブックマークを用意しておくことが検査の成功と安心につながる。

3 文書IDの命名

(1)起案日(半角8桁)+半角大文字アルファベットとする。
     (例)20160811A
      同日での二つめの起案は、20160811B、三つめは、20160811C....と続く。IDなのでダブらないこと。
(2)発注者からの起案は、
     (例)20160811Q
      のように、受注者とのダブりを避け”Q”から開始し、二つめの起案を20160811R...とする。

4 文体

(1)「常体」を使用すること。「敬体」を使用してはならない。


これらの基本を理解した上で、具体的な起案例を熟読のこと!

 段階確認や立会の起案

(1)028-011-11.htmlへのリンク