本文へスキップ

土木技術者の業務軽減とCO2削減を考える。

 URADO

北海道日高

URADOURADO StandardSAMPLE & DEMONSTRATION

土木工事における創意工夫・社会性等に関する実施状況の事例

「緊急時5分以内の情報共有」

#203
公開日 2013/07/08
自己評価  ASPの活用はすでに一般的であるが、このようにシステマティックに実施しているところは少ない。ブログ機能の活用は、緊急時の写真報告の劇的な短縮をもたらしている。
 形が無くとも創意工夫となる良い事例である。
独創性★★
汎用性★★★★★
課題 実施内容が長すぎる。長いのがおおすぎ!
発案者 非公開
項目 創意工夫
評価内容 施工-業務の効率化
実施内容  協議会メンバー全員がASPの情報ポータルサイトを活用。受発注者双方のスケジュール把握、ブログ機能を活用した関係者間の現地の状況把握の時間短縮、安全衛生関係の情報を共有を実施。
説明  協議会メンバー全員がASPに併設された情報ポータルサイトを活用。
 受発注者双方のスケジュール把握、ブログ機能を活用した関係者間の現地の状況把握の時間短縮、安全衛生関係の情報を共有を実施。
 システム内のブログ機能を活用し、携帯電話から直接画像データ付のメール送信による報告が可能のため、作業場所から送信による更新を行い、道路巡回時の点検・緊急時・異常時の報告を本機能を用いて実践し、状況報告の時間短縮を行った。
 月次の現場状況の報告を定期的に本機能を用いて行い、日頃から操作に慣れるようにし、緊急時にも速やかに稼動できる体制をとった。
 また、施工箇所付近ならびに通勤経路上で道路の異常を発見した場合にも、速やかにブログ上で状況報告し、道路事務所職員ならびに我々維持業者との情報共有と連携を図った。
添付図 ▼fig-01