本文へスキップ

土木技術者の業務軽減とCO2削減を考える。

 URADO

北海道日高

URADOURADO StandardSAMPLE & DEMONSTRATION

土木工事における創意工夫・社会性等に関する実施状況の事例

「数量報告をアクセスでシステム化しブログにて確認可能とした」

#204
公開日 2013/07/09
自己評価  業務軽減のアイデアとしては、かなり独創的であり業務軽減効果も高く実用性が高い。
 形が無くとも創意工夫となる良い事例である。今後の課題としては、業務軽減効果を時間として表現できるかどうかである。
独創性★★★★
汎用性★★★★
実用度★★★★★
宿題 ブログの活用...とアクセスはそれぞれ大施策なので合体せず、独立項目とする。
発案者 (株)出口組
項目 創意工夫
評価内容 施工-業務の効率化
実施内容 数量報告をアクセスでシステム化しブログにて確認可能とした。
説明  新冠維持工事ASP内にあるブログ機能を活用し、その日行なった作業について写真付で掲載することで、メンバー全員が現場作業内容を把握でき、数量算出時の資料、検定時の写真帳として活用した。また、携帯電話から直接更新が可能なため現場作業時の空時間を利用する事で事務所に帰ってからの作業が軽減した。
 従前エクセルで作成していた数量調書をやめアクセス版数量調書を開発し導入。今までエクセルでは1つの作業に対し作業日報・機械日報・集計表の3種類の書類作成が必要で大量の印刷枚数と膨大な時間を要してたが、アクセスを使用する事で1つの作業を実施する事で自動的に帳票が作成されるので業務の大幅縮減を行えた。ブログにて作業をa,bのように分ける事で確認が容易になり、また検定時には直接アクセス数量調書を閲覧し受検する事が可能なので、日報などの大量の印刷が不要となった。
 また、このシステムは希望者(道内の維持除雪請負者)に対して無償で提供し、使用方法も含めたアフターケアを継続して行っている。
添付図 Access版数量調書導入により、作業日報作成作業のみ行う事で複数の必要書類が自動作成されるため、毎日の作業が1時間程度縮減。
(1.0h×15日×12ヶ月)=180h/8h=22日 =22日×\20,000(技術員給料)=▲440,000円
書類の提出についてはDATAにて行い、従前大量に使用していたコピー用紙の使用を0(ゼロ)へ! コピー用紙500枚×3冊=約\1,500-

1年間で442千円のコスト縮減!