本文へスキップ

土木技術者の業務軽減とCO2削減を考える。

 URADO

北海道日高

URADOURADO StandardSAMPLE & DEMONSTRATION

土木工事における創意工夫・社会性等に関する実施状況の事例

「タブレット型PCの活用」

#206
公開日 2013/07/09
自己評価  注目度も高くやや先進的取組であるが、セキュリティの面から考えると諸刃の剣である。
独創性★★
汎用性★★★★
注目度★★
課題 タブレット型PCを持ち歩くことに関するセキュリティをどのように行っているのか明確な整理が必要。
発案者 出口組
項目 創意工夫
評価内容 施工-業務の効率化
実施内容 タブレット型PCの導入によりより多くの情報入手また、ASP作業等での業務縮減。
説明  現場作業時やパトロール時等の情報収集及び、業務の効率化・軽減化を考慮しタブレット型ウインドウズPCを導入。ASPを中心に書類作成をしているため、Web接続さえ出来れば何処でも作業が可能なため現場作業中の待機時間を利用しワークフローの起案やブログの更新を行い、現場事務所に戻ってからの作業を軽減する。
 インターネットに接続しWebの閲覧が出来るので携帯電話で得られない気象情報収集を行える等の利点もあり、定期巡回時にチェックシートをタブレットPCに保存し確認する事でファイルを持ち歩くことなく巡回を実施する事が出来、無駄なコピー等の必要がなくなる。。
添付図 ▼fig-01