本文へスキップ

土木技術者の業務軽減とCO2削減を考える。

 URADO

北海道日高

URADOURADO StandardSAMPLE & DEMONSTRATION

土木工事における創意工夫・社会性等に関する実施状況の事例

「office PowerPointを駆使し、書類検査の冒頭に工事概要のプレゼンを実施することにより、工事内容の把握が容易となる。」

#222
公開日 2014/03/03
自己評価  監督員のフォローなど期待せず、評価は自らの手で勝ち取れ!
独創性★★★
汎用性★★★★
注目度★★★
ひとこと  受注者にとって検査は、検査官の問いに対して答えるものであるという固定観念がある。それは非常に受け身なものであるが、ここで目指しているのは、積極的に見てもらおうとする試みである。
 ”見てもらうより見せる。見せるより魅せる。”
発案者 出口組(株)
項目 創意工夫
評価内容 施工 工事検査の効率化
実施内容  office PowerPointを駆使し、書類検査の冒頭に工事概要のプレゼンを実施する。
 検査官の工事内容の把握は確実に検査効率化につながる。
 受注者のアピールポイントが明確となり言い忘れが生じない。
 冒頭に行うことにより、その後の検査の展開も楽になり、受注者の緊張も和らぐ。
 副次的効果として、現場技術者のプレゼン能力(パワポの扱いとアナウンス力)が向上した。
説明 所要時間 所要時間は8~12分以内とする。
標準内容
1.工事概要(品質証明員を写真 付)、
2.工事(事業)の目的、災害履歴など
3.検査の範囲(特に中間検査時は重要)、
4.作業の手順、
5.工程の工夫
6.品質の工夫
7.出来形の工夫
8.写真の工夫
9.安全管理の工夫
10.社会貢献
11.イメージアップ
12.NETIS
13.技術提案の履行
添付図 ▼fig-1 書類検査冒頭でのプレゼン風景


▼fig-2 プレゼン用パワポ


LINK⇒ASP工事検査デモンストレーションのシナリオ とパワポのサンプル