TOP どぼく言葉 お問い合わせ top 歴史 ASP urado standard co2 cpds 子供たちと! ひ鹿ない新聞

URADO
目黒トンネルの記録>20111118_「土木の日」 「地元小学校が目黒トンネルを見学!」

■ 2011-11-18(Fri) 「土木の日」 「地元小学校が目黒トンネルを見学!」■

はじめに

主催: 同舗道・地崎道路JV(目黒トンネル舗装工事)

共催: ヱル電株式会社(目黒トンネル電気設備設置外一連工事)・えりも町教育委員会 場所: 目黒トンネル(えりも町目黒)

日時: 平成23年11月18日(金) 『土木の日』10:30〜11:50

後援: 室蘭開発建設部浦河道路事務所

イベントレポート

1  子ども達を乗せたバスが到着しました。トンネルの中へ移動します。ふざけたりする子がいないので安心してます。
バスを降りてみんなヘルメットをかぶります。JV総出でスタッフになって対応しています。
覆工コンクリートをプロジェクターのスクリーンに見立てて、昨年(平成22年4月)に、子供たちが漏水防止シートに書いた落書きを映し出してます。
防水シートの落書きを1年生はやっていないので、「今日できるの?」と言われました。自分達もやりたかったようです。



2 十一月十八日は「土木の日」です。現場代理人の平田さんが、「どぼく」って何なのか、子供たちと対話しながら学習してゆきます。

子供たちは、活発に手を挙げて話してくれるので楽しく進みます。マグネットボードに貼られた「土木」の文字の画をバラバラにして、なぜ今日が土木の日なのか、みんなで
考えます。三つの班に分かれて挑戦です。簡単な問題だったようですね!


3  開通してしまうと歩けないトンネルの車道の真ん中をどうどうと歩きます。
トンネルの延長は、約2km(1876m)ありますが、今日は途中から600mのトンネルウォーキングです。岩井町長さんは、大事な仕事があり参加できなかったようですが
、替わりに副町長さん、教育長さんたちが参加して子供達と一緒に歩いてくれました。JVの職員とも手をつなぎ仲良くトンネル出口まで来ました。


4  次は、生コンクリートを練ってみます。材料を投入する高学年の子供たちには、ゴーグルも着用してもらいます。出来た生コンクリートは、
JV職員が一輪車(ねこ)で運び、そして、「木ごて」でコンクリートを均します。こういうのは、何処へ行っても子供たちは大好きです。一心不乱に均してます!



5  工事で使う重機への試乗です。よく見る「バックホウ」、「ブルドーザー」、「高所作業車」ですが、さすがに「高所作業車」に試乗は取りやめました。もちろん、
「バックホウ」、「ブルドーザー」エンジンは掛かってません。運転手の気分を味わうだけですが、子ども達には十分満足でしょう。



6 最後にJVの職員と記念写真です。子供たちに圧倒されてます。なお、目黒トンネルの銘板は、えりも町の小学生が作者です。


7 楽しかった時間も終わりです。子どもたちがバスに乗って帰ります。
代理人がひとりの子供から「おじさんのように土木の仕事するよ!」と言われ涙ぐんでおりました。
この日の経験で「土木」に興味をもった子がひとりでも「土木技術者」に成長してくれるとうれしい限りです。






『土木の日』現場見学会を終えての反省・感想や子供達の声

JVより
《反省・感想》
・開催前は子供達の反応を心配していたが(無反応だったらどうしよう…)、とても元気で積極的に手を挙げてくれたりしたので非常に助かった。
・複式学級の良さなのか、2年生が1年生を補助する姿などが見られた。(きっとイジメなんて無いんだろうな!)
・タイムスケジュール通りに行かなかった。(イベントを詰め込み過ぎた?)
トンネルウォーキング 予定25分→実際10分
建設機械試乗体験 予定15分→実際30分超
・生コン製造体験で、参加していない児童(1〜4年生)の待ち時間対策が必要だった。
・生コン製造体験で、女の子だとバケツが重かったか?(バケツ重量は6sで設定していた。)
・子供達に配布したカラー手袋が、カラフルで喜んでいた。(色の指定をしてくる子もいた。)
・ウォーキングをしている時に応援に来た当社の女性社員に「女の人でも道路作れるの?私も作りたい!
なりたい!」と言ってくる女の子(1年生)がとても印象的でした。(最後に挙手していました!)
・子供達があんなに楽しんで、喜んでくれている姿を見て「やって良かった!」と本当に思いました。
・結構準備は大変でしたが、子供達のこんな笑顔が見れるなら「また違う現場でもやってみようかな…?」と思いました。
・子供目線の質問に答えるのが少々大変だった。
・イベントの運行に関しては、随分子供達の元気の良さに助けられた感じです。
《子供達の声》
・とにかく子供達からの「なんで?」「どうして?」という疑問の投げかけが多かった。
「なんでトンネルを作るの?」
「なんでコンクリートって言うの?」
「なんでボコボコしてるの? ←リブ付区画線の事」
「トンネルの電気ってオレンジじゃないの?」
「どうしてピカピカ光るの着てるの?」
「どうしてサラサラの粉(セメント)なのにドロドロになるの?」
「ヘルメットじゃなくて帽子じゃダメなの?」
・防水シートの落書きを1年生はやっていないので、「今日できるの?」と言われました。自分達もやりたかったようです。
・生コン製造体験にて、低学年から「僕(私)もあのグルグルしてるヤツやりたい!」の声が多かった。動くものに興味があったようです。
・建設機械試乗体験では、やはり高所作業車に乗りたいとの声が多かったです。
・ブルや油圧ショベルがもっと動いている(走行・作業している)のを見たかったとの声もあった。
・とにかく子供達がすごく喜んでいて、「楽しい!すごいね!」の声が聞こえました。
・「また学校に来てくれるの?いつまでここ(目黒?庶野?)にいるの?」との声もありました。