講習会のお知らせ

URADOCPDS>苫道安全協議連絡会が企画運営するCPDSプログラム>講習会のお知らせ

題: 道路事業における環境保全について

目的: 道路事業における環境保全への配慮は必須の要件となっている。現在建設中の「日高自動車道」においては、過去からの環境調査によるデータや環境配慮手法が蓄積されており、これらのノウハウを実際の施工現場において実践活用を図ることを目的とした講習会である。

主催: 室蘭開発建設部 苫小牧道路事務所

企画運営: 苫小牧道路事務所 工事安全連絡協議会

日時: 平成27年5月19日(火) 15:00~16:00 所要時間 1時間

場所: 室蘭開発建設部 苫小牧道路事務所 1F会議室
住所: 〒053-0816 苫小牧市日吉町2丁目1番5号
座標: 北緯,東経 = 42.37分13.6秒,141度33分10秒

継続学習制度(CPDS) 申請先: JCM(一般社団法人 全国土木施工管理技士会)

認定番号: 308510

申請UNIT: 1unit

学習履歴: 主催者が受講者全員の学習履歴代行申請を行います。

式次第

開始
時間 
終了
時間
所要
時間
内容及び講師名
1 15:00 15:05 0:05 開会挨拶・CPDS認定unit発給の注意事項
司会:苫小牧道路事務所 工事安全連絡協議会 事務局 船水 新一(株式会社小金澤組
2 15:05 15:15 0:10 道路事業における環境保全について~工事における一般的配慮事項~
講師:室蘭開発建設部 苫小牧道路事務所 計画課 第1計画係長 牛田 康文
3 15:15 15:40 0:25 河川内橋脚施工時におけるシシャモ産卵床への配慮について~施工中の配慮事項と工夫~
 (1)工事施工に際して知っておくべきシシャモの基本生態
 (2)施工中の配慮事項と工夫事例
講師:公益社団法人北海道栽培漁業振興公社 環境技術部 部長 新居 久也 
     博士(水産科学)、技術士(水産部門-水産水域環境、建設部門-建設環境)、東海大学非常勤講師           
4 15:40 15:55 0:15 道路事業における環境保全について~施工中の配慮事項とモニタリング~
 (1)なぜ、動植物に気をつけなければならないのか?
 (2)日高自動車道に関わる配慮すべき動植物
 (3)工事におけるモニタリングとの連携について
講師:株式会社ドーコン 環境保全部 主任技師 中村 裕 技術士(建設部門 建設環境分野) 
5 15:55 16:00 0:05 質疑応答及び閉会挨拶
司会: 苫小牧道路事務所 工事安全連絡協議会 事務局 船水 新一(株式会社小金澤組)


注意1:CPDS受講確認のため、本人確認を行います。CPDS技術者証を受付にて提示して下さい。
注意2:学習履歴代行申請を行うにあたり、確認照合のためCPDS技術者証のコピー(写真撮影)を行わせていただく場合があります。
また、CPDS技術者証の期限切れが見受けられますので事前にご確認下さい。
注意3:受講中は管理技術者資格者証を着用して下さい。
注意4:途中入場及び途中退場された方には、代行申請を行いません。
注意5:unitの給付を必要としない方は、受付にて所属と氏名のみ記入いただきます。


  講習会の資料の公開

 河川内橋脚施工時におけるシシャモ産卵床への配慮について

 道路事業における環境保全について ~施工中の配慮事項とモニタリング~