講習会のお知らせ

URADOCPDS>苫道安全協議連絡会が企画運営するCPDSプログラム>

題: 「公共事業における良好な景観形成に向けて~土木景観の理解と見方~」

目的: 北海道開発局では、「美しい国づくり政策大綱」を踏まえて策定された「国土交通省所管公共事 業における景観検討の基本方針〈案〉」(平成19年3月策定〉に基づき、すべての事業(災害復旧 関連事業を除く〉において、景観検討(事業区分、方針策定、方針に基づく事業実施など〉が行わ れている。また、農業農村整備事業においても、水とみどりの「美の里」プラン21の公表や景観法 制定を契機として、「農業農柑整備事業における景観配慮の手引き」(平成18年5月〉が策定さ れ、事業を行う上で景観との調和に配慮レた整備が求められている。
 こうした背景から、業務遂行上必要となっている景観配慮について、本講習会にて基礎知識の習得や技術を向上させることにより、景観配慮の取組みの推進を図ることを目的とする。

主催: 室蘭開発建設部 苫小牧道路事務所

共催: 安平町 、厚真町

企画運営: 苫小牧道路事務所 安全協議連絡会

日時: 平成27年8月19日(水) 13:30~16:30 所要時間 3時間

場所: 安平町早来庁舎2F第1会議室(旧議場)
住所: 〒059-1501 北海道勇払郡安平町早来大町95

座標: 北緯,東経 = 42.7557774,141.8053725

継続学習制度(CPDS) 申請先: JCM(一般社団法人 全国土木施工管理技士会)

プログラムの登録番号: 325325

ユニット数: 3unit

学習履歴: 主催者が受講者全員の学習履歴代行申請を行います。

特定要件: このプログラムは、人数限定の完全予約制です。

その他: 本プログラムは、「教養編」(入門編)となっており、受講完了者は「実践編」を後日の機会に受講することが出来ます。

次第 :

開始
時間 
終了
時間
所要
時間
内容及び講師名
1 13:30 13:35 0:05 開会
 北海道開発局 苫小牧道路事務所 副所長 西澤 勝一
2 13:35 15:15 1:40 「公共事業における良好な景観形成に向けて~土木景観の理解と見方~」
講師:(独)土木研究所寒地土木研究所 地域景観ユニット 総括主任研究員 松田 泰明
3 15:15 15:30 0:15 「街路樹の景観機能と管理状態の評価について」
講師:(国研)土木研究所寒地土木研究所 地域景観ユニット 総括主任研究員 松田 泰明
4 15:30 16:25 0:55 ディスカッション方式による質疑応答
5 16:25 16:30 0:05 閉会
 安平町 企画財政課 統括参事 塩谷 慎嗣


注意1:CPDS受講確認のため、本人確認を行います。CPDS技術者証を受付にて提示して下さい。
注意2:学習履歴代行申請を行うにあたり、確認照合のためCPDS技術者証のコピー(写真撮影)を行わせていただく場合があります。
また、CPDS技術者証の期限切れが見受けられますので事前にご確認下さい。
注意3:受講中は管理技術者資格者証を着用して下さい。
注意4:途中入場及び途中退場された方には、代行申請を行いません。
注意5:unitの給付を必要としない方は、受付にて所属と氏名のみ記入いただきます。


  講習会の資料の公開

325325-04.ディスカッション方式による質疑応答


:CPDS受講確認のため、本人確認を行います。CPDS技術者証を受付にて提示して下さい。持参無き場合は、ユニット発給を行いません。

「公共事業における良好な景観形成に向けて~土木景観の理解と見方~」

newpage2.htmlへのリンク